業務案内

社員の持ち味を活かすキャリアコンサルティング

代表の沼田博子は、人材ビジネス業9年社会保険労務士で20年以上のキャリア・コンサルティング経験があります。
また、当社スタッフも人材ビジネス、ハローワーク等で豊富な実績があります。

キャリアコンサルティングを実施することで、貴社の従業員のやる気を引き出します。


キャリアコンサルティングで、人材の定着・活性化を
1.キャリアコンサルティングとは

キャリアコンサルティングとは  キャリアコンサルティングとは、「個人がその適正や職業経験等に応じて自律的に職業生活設計を行い、職業能力開発を効果的に行うことができるよう個別の希望に応じて実施される相談その他の支援」のことを言います。

  企業内キャリアコンサルティングは、「組織の活性化と持続的発展という視点に立ち、従業員一人ひとりが効果的かつ自律的に環境に適用し成長できるよう支援し、内なるミッションや意識を明確化しながらキャリアを形成することを推進する」ことが目的です。自らの経験をきちんと振り返り学びに繋げていく、経験と経験を結びつけ、意味づけしていく。キャリアコンサルティングは、一人ひとりの振返りと学びを行う機能となるとともに、組織の次世代リーダーシップ開発を後押しする重要な機能となります。


2.企業内キャリアコンサルティングが求められている背景

  少子高齢化社会が進むなか、ますます人材不足が深刻となり、企業が持続的に発展するためには、従業員の能力開発および定着が重要な課題となってきています。

  従業員一人ひとりが職務の範囲以上の生産性を上げるためには、組織ミッションと職務が「本来の自分」と繋がり、内的な動機づけが形成されていることが重要となります。キャリアカウンセリングを通じて個人の内面に深い変容を起こし、仕事への意義や意味を強化するということは、組織を活性化するうえで強い影響力をもたらすことになります。


3.企業側に求められること

  企業内キャリアコンサルティングを効果的に実施するにあたり、企業は、「組織ミッションと個人のキャリア形成」を結びつけるため、次の制度構築が求められます。

@)安全・安心して働ける職場環境の整備

法令を遵守することはもとより、両立支援の導入、長時間労働、パワーハラスメン ト、セクシャルハラスメントなどの防止など、職場環境を改善し整備する。

就業規則、社内規程の整備、ストレスチェック制度、
キャリアコンサルティング

A)求める人材像の明確化

将来の事業展望・経営戦略から求める人材像を抽出する
どのような会社にしたいのか。どのような戦略を実行したいのか

そのためにはどのような組織にしたいのか

従業員にはどのような役割を担ってもらうのか

B)人事処遇の基本となる枠組みを構築する

事業の目的・ミッション、戦略、目標を明らかにする
⇒経営理念・ビジョンの明示と共有

組織としての成果基準・行動基準を明らかにする
⇒やる気を高める評価および処遇制度の構築

従業員に具体的な任務、求める貢献を明らかにする
⇒キャリア・パス(※)の構築
※キャリア・パスとは・・・
  ある職位や職務に就任するために必要な一連の業務経験とその順序、配置異動のルートのこと
  どんな仕事をどれくらいの期間担当し、どの程度の習熟レベルに達すれば、どういうポストに就けるのか、キャリアアップの道筋や基準・条件を明確化した人材育成制度のこと

C)その他の具体的な方策

○社内・社外研修制度
○資格取得支援
  • 学費や受験料の補助(助成金、教育訓練給付金の利用)
  • 相談や情報提供
  • 自己啓発のための休暇
  • 勤務時間の短縮
  • 残業の免除
  • 勉強しやすい部署への配置・異動
○個別面談の実施
○メンター制度
○交換日誌、マンツーマンノート
○目標・チャレンジシート→定期的に自己評価
○モチベーションをあげるコミュニケーションづくり
○キャリアルートの複線化、多様な働き方の提示  など
4.キャリアコンサルティングの流れ
【STEP1 自己理解】

従業員本人の適正・能力等を把握するとともに、これまでの職業経験の棚卸しをする。

  • 自分の適性、能力(スキル・知識)を把握しているか?
  • 仕事をしていく上で自分の強み(長所)を把握しているか?
  • 仕事に何を求めているのか?
  • 自信を失っていたり、過信していないか?
【STEP2 仕事理解】

勤務する会社の組織ミッション及び課題、従事する職務を理解する。

  • 会社の組織ミッションを理解しているか?
  • 仕事をしていく上で自分の強み(長所)を把握しているか?
  • 会社のキャリアパスを理解しているか?
  • 職場からどのようなスキルが求められていると思っているのか?
  • どのような資格、スキルがあれば、今よりもっと会社の期待に応えられると思うか?
【STEP3 今後の職業生活設計、目標の明確化】

中・長期的な目標を設定し、今後のキャリア形成の方向性を整理する。

  • 今後どのようになりたいか希望はあるのか?
  • 今後どのような職業生活を送っていきたいのか?
  • 中長期的な目標設定ができているか?
  • 目標達成に向けて、やるべきことがわかっているか?
【STEP4 意思決定した実行支援および評価】

意思決定したキャリアプランを実行し評価を行うなかで、必要があればキャリアプランを修正する。これら一連のプロセスが、人生の中で何回か繰り返されキャリアが形成されていく。

【その他】

個人情報の守秘義務を守ることを約し、仕事以外の悩み、ストレスについて傾聴する。

  • 何か悩みを抱えている。
  • ストレス、トラブルを抱えている。
  • 一人ではどうすればいいのかわからない。
  • 誰にも相談できない。
キャリアコンサルタントは、職務を通じて知り得た秘密について、正当な理由なく勤務する会社や第三者に漏らすことや利用することは決して行わず、守秘義務を遵守いたします。会社担当者様に対しては、個人が特定されないよう、人材育成のための全体的な視点でのフィードバックを行います。

キャリアコンサルティング実施にあたって

1.キャリアコンサルティングとは

  キャリアコンサルティングとは、「個人が、その適正や職業経験等に応じて自律的に職業生活設計を行い、職業能力開発を効果的に行うことができるよう個別の希望に応じて実施される相談その他の支援」のことを言います。
  自らの経験をきちんと振り返り学びにつなげていく、経験と経験を結びつけ意味づけていく、あらためて人生における職業の意味を考えてみる。
  キャリアコンサルティングは、一人ひとりの振返りと学びを行う機能になります。


2.ジョブ・カードの作成

  あらかじめ作成された「ジョブ・カード」を拝見しながら、コンサルティングを進めます。特に、様式2(職務経歴シート)および3(キャリアシート)については、詳細に記載してください。(手書きの場合は鉛筆の下書きで結構です。PC入力でも構いません。写真は不要です。)
  当該ジョブ・カードは個人で大切に保管し、今後のキャリア形成の記録としてお役縦立ください。


3.キャリアコンサルティングの流れ(概ね1回当たり1時間程度)
【STEP1 自己理解】

自身の適性・能力等を把握するとともに、これまでの職業経験の棚卸しをします。


【STEP2 仕事理解】

勤務する会社の組織ミッション及び課題、従事する職務を理解します。


【STEP3 今後の職業生活設計、目標の明確化】

中・長期的な目標を設定し、今後のキャリア形成の方向性を整理します。


【STEP4 意思決定した実行支援および評価】

意思決定したキャリアプランを実行し評価を行うなかで、必要があればキャリアプランを修正します。これら一連のプロセスが、人生の中で何回か繰り返されキャリアが形成されていきます。


【その他】

個人情報の守秘義務を守ることを約し、仕事以外の悩み、ストレスについてお伺いします。


キャリア・コンサルタントは、職務を通じて知り得た秘密については、正当な理由なく勤務する会社や第三者に漏らすことや利用することは決して行わず、守秘義務を遵守いたします。会社に対しては、個人が特定されないよう、人材育成のための全体的な視点でのフィードバックを行います。


企業内キャリアコンサルティング料金


導入基本料(1社あたり) 20,000円(税抜き)
※職業能力開発推進者様から社内職業能力計画の詳細をお伺いし、
当方からキャリアコンサルティング導入に向けての説明をさせていただきます。

キャリアコンサルティング
(1人あたり)
12,000円(税抜き)/1回60分
延長15分毎加算 3,000円(税抜き)
キャリアコンサルティング
※ジョブカード交付の場合
(1人あたり)
15,000円(税抜き)/1回90分
※当事務所面談室以外でのコンサルティングは交通費及び距離に応じた
出張料金が加算されます。
お気軽にお問合せください、社会保険労務士法人ハーネス
お問合せ電話

お役立ち情報

連絡先

社会保険労務士法人ハーネス

〒543-0055
大阪市天王寺区悲田院町8-26
天王寺センターハイツ1305号
TEL 06-4392-7683
FAX 06-4392-7684

メールでのお問合せはこちら